大豆ダイエットのメリット・デメリット

大豆ダイエットとは、豆腐屋納豆、豆乳などの大豆食品を食事に取り入れるダイエット方法です。
大豆ダイエットだけでは効果が少ないため、他のダイエット方法と併用して行う人が多いです。
大豆は新陳代謝を高め、大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンの生成を助けます。
大豆ダイエットの場合、お菓子の摂取を控えるようにしますが、おからなどを使ったお菓子なら大丈夫です。
大豆ダイエットで一番使用されるのは豆腐であり、様々な料理に応用ができるのが人気の理由となっています。
豆腐は様々な料理に取り入れられるだけでなく、水分が多いので満腹感も得られやすいです。
豆腐の他にも豆乳なども人気であり、果物やヨーグルトを加えたダイエットドリンクとして飲まれています。
豆腐は主菜としても、副菜としても利用でき、豆腐を利用すことで料理のカサ増しをすることもできます。
大豆・豆乳ダイエットの場合、すぐに効果が現れるのではなく、長く継続することが大切になります。
豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのいっしゅであるエストロゲンに似た働きがあります。
大豆イソフラボンの1日の摂取量があまりにも多い場合、女性ホルモンの分泌が悪くなる可能性があります。
妊娠中の場合、女性ホルモンのバランスは大切ですので大豆イソフラボンの摂取量には気をつけましょう。