朝バナナダイエットのメリット・デメリット

手軽なダイエットとして、朝バナナダイエットが口コミで広まっています。
朝バナナダイエットとは、朝食に生バナナを単品で食べ、水を飲むことだけでできるダイエット方法です。
バナナは様々な栄養素を含んでおり、腸を刺激して便を出しやすくする性質があります。
朝バナナダイエットは、バナナを食べる本数に制限はありません。
バナナの他に何か食べたい場合は、15分以上時間をあければ何を食べても問題はありません。
バナナは7割が水分からできているため、水分も十分に補給することができます。
朝バナナダイエットは、朝食をバナナだけにするだけであり、昼と夜は普通に食べることができます。
朝バナナダイエットは、時間やお金もかからないダイエットなので、手軽に実践することができます。
バナナが食べられない場合、無理にバナナを摂取するのはストレスとなるので注意が必要です。
バナナを食べ過ぎると、免疫力の低下や、尿路結石、発がん率が上昇してしまう恐れがあります。
バナナと水だけだと、タンパク質と脂肪が不足していってしまうため、風邪をひきやすくなってしまいます。
昼食や夕食でしっかり栄養があるものを摂取し、不足した栄養素を補う事が必要となります。
毎朝バナナだけだと飽きてしまう場合もあると思うので、たまには違う果物にするのも良いでしょう。